皆さん、ようこそ。

この記事では、定期的に開催されている「モンストコレクション」ガチャにおいて、果たしていくら課金すればお目当てのキャラを当てれるのかを、書いていきたいと思います。

※ 注意ですが、本ブログに書いてある金額をかければ、必ずキャラを当てることが
できるというものではありません。あくまで目安として参考にしてください。

モンコレ

1.モンストコレクションの特徴

もう一言でいうと、「お目当てのキャラを当てる」ガチャです。

かなり昔からやっているガチャなので、いろんな傾向が噂されていますが、主なものが

  • 星5の出現率は普段と大して変わらないこと。
  • 別の日の対象キャラの確率も若干上がっていること。
  • 特定のキャラを狙うには一番いいガチャであること。

これ、ホント?(¬_¬)

ってことで調査しました!!

2.モンコレの確率

では早速ガチャを引いていきましょう。今回は上のアーサー、ニーベルンゲン、孫悟空、スサノオが対象のモンコレを引きました。

回数 確率
アーサー 16 0.84%
ニーベルンゲン 18 0.94%
スサノオ 22 1.15%
孫悟空 16 0.84%
他の日の対象 42 2.20%
その他星5 58 3.04%
星4 1736 90.99%
合計 1908  100.00%

では、さっそく検証していきましょう。

○星5の出現率は普段と大して変わらないのか?

変わんないっす。(´゜∀゜`)
低いっす(´゜∀゜`)

約9%です。今や数あるイベントガチャの中でも最低レベルですね。

○別の日の対象キャラも確率UPしてる?

これはしてます(`・ω・´)

とはいっても一点狙いはやめておくべき確率です。ただのオマケですね。

欲しいキャラがいるなら素直に対象日を狙って、そこで決着をつけましょう。

○特定のキャラを狙うには一番いいガチャなのか?

その通り!!(+・`ω・´)

特定のキャラの確率が1%近いガチャはこれくらいのもんです。その他のガチャと比べても明らかに最高レベルですね。

特定キャラが欲しいのであれば、モンコレで間違いないです。

3.ニーベルンゲンの値段

結局、確率がわかってもいまいちピンとこないと思いますので、どのくらいの課金額になるか計算していきます。

計算の詳細は省略します。興味ある方は下記リンクに 詳細があります。

ガチャ計算率

今回は覇者の塔攻略で絶妙の仕事をしてくれるニーベルンゲンの値段を計算します。アーサーは以前計算しましたし。

確率は0.94%です。

回数 確率(%) かかる金額
70 48.37 19,600
140 73.34 39,200
210 86.24 58,800

結論:
58,800円使えば、約9割の確率で
ニーベルンゲンは入手できます!!

モンストはお目当てのキャラを手に入れるなら、約9割の確率となると、10万円超えはザラです。そう考えると、かなり安いですね。

いや、この考え自体ちょっとイカれてますけどヽ(゜▽、゜)ノ

他の対象キャラの値段も多少上下するとはいえ、これくらいです。

欲しいキャラはぜひモンコレで!!
いずれ似たようなガチャイベントの「覇者道」もやっていきたいと思います。

○その他

皆さん「陰陽師」というアプリをご存知でしょうか?
全世界2億ダウンロード突破したというRPGアプリです。

2017年第1四半期の全世界売り上げランキングでも、AppStore部門ではトップ10に入る程の人気を誇っています。

このアプリが優秀な点は3つ!!

  • 無理なガチャがいらない。
  • レア度が低いキャラも使える。
  • マルチプレイがとにかく充実。

まず、ガチャがいらない理由としては、SSRキャラの欠片を一定数集めれば入手することができるためです。
要はガチャ以外にもキャラを入手できる手段があるということですね。
というか、ガチャからはSSRはホンッット出ません。
海外のアプリに多い形式です。

次にレア度が低いキャラでも非常に強くなります。
キャラの強さはどれだけ育成したかによります。
このゲームはSSRを引くことが強さではなくて、コツコツ育て上げていくことが強さとなります。
現に、キャラ最強ランキングには、2位と3位にSRとRキャラがランクインしています。

最後はマルチプレイ。
本作はあらゆる戦闘がマルチプレイに対応していて、最大3人でのバトルが可能です。
マルチプレイが好きな方にはこの点で非常にオススメです。

後は細かい点で言えば、オートバトルも搭載しているので、レベル上げはオート、難しいダンジョンは手動と使い分けができます。
育成で強くなるゲームには欠かせない要素。

ガチャ運ではなく、「育成」で強くなっていくゲームが好きな方にはピッタリのアプリです。

今回はここまでです。
最後まで読んでいただき、有難うございました。(人”▽`)