皆さん、ようこそ。

今回は、リセマラランキング2位ウルドのパーティーについてお話ししていきます。

ウルドさんはこちら。

ウルド

彼女のパーティーについて話す前に、まずリーダースキルを確認します。

「もう、少し休んだら?」

水着ウルド

すいません。
やってみたかっただけです。
ここから見た人はなんのこっちゃわからんですよね。

内容は、
「HPに応じて火属性の攻撃力が上昇。水属性のHPと回復力が少し上昇。」

になります。ややこしいっすね。
要は、サブは全員火属性、できることなら副属性は水を選べばOKということになります。

ちなみに、序盤はスイスイ進みます。このリーダースキルの発動条件にパズルがないので、
常時発動です。リーダーフレンド合わせて常時9倍以上は出るので、中盤くらいまでは
比較的簡単に進むことができます。

で、パーティについてですが、この主属性火、副属性水のモンスターって

めっちゃ少ないんです。

ホントに少ないから、選択も限られます。

サブも現実的に組むと、全てを火・水のモンスターにすることは不可能です。
パーティーメンバーをご紹介します。

火ヴァルキリー

ヴァルキリーファム

木曹操

木曹操

究極進化ロズエル

進化ロズエル

覚醒フレイ

覚醒フレイ

いあいあ・・・。これは・・・。
曹操さん羨ましいですねえ。

ロズエルさんを始めとした、なかなかの美人部署です。
更にそこをまとめるのは、苦難を乗り越えた究極進化ウルドさん。

しかし、これは男が外から観た感想なのでしょう。

女性だけの部署に男1人というのは、なかなか精神的にキツイときがあります。
そこは曹操さんなので大丈夫だとは思うのですが、リーダーのウルドさんも中々の
曲者。

なんつったって出世街道から一回(水着入れれば二回)外れてますからね?

そこをもう一回返り咲いて今は幹部を努めているんです。

更に、他の姉妹というか末っ子が、自分が夢見た出世街道まっしぐらなわけです。

末っ子さん(スクルド)
スクルド進化

そりゃ、性格が一回二回ひん曲がってもおかしくないですよね。

スポンサードリンク


さて、実際の強さですが、
火ヴァルキリーは女子高生サリアで変なネタキャラ扱いしましたが、火ドロップ変換役としては、
大変優秀で、どの火パーティーにも組みやすいです。

木曹操も変換役ですが、更に威嚇までしてくれます。根性持っている奴がいるときはホントに
助かりますね。

ロズエルは、スキルというよりはバインド回復要員です。彼女はバインド完全耐性+回復持ち
です。

覚醒フレイは、エンハンス。ボスで高火力を出したいときに使います。

このパーティーは2体攻撃を持っているキャラ中心で組んだものです。
ですので、ダンジョンは主に4個消しを使います。

このブログで初めて強さの解説が出てきました。
自分でもびっくりです。

ちなみに以前触れましたが、

このウルドパーティーは最後まで使うには非常に厳しいです。

一番は火力ですね。最難関ダンジョン突破には非常に厳しい。
でも、突破できる人は愛で突破してますので、チャレンジしたい方はどうぞ。
私は勧めない。

あ、ちなみにこのパーティーは最終形態です。
揃えるためには、けっこうガチャ引く必要があります。
といっても、最難関ダンジョンを戦える頃には、知らない内に集まってたりします。

○その他

皆さん「陰陽師」というアプリをご存知でしょうか?
全世界2億ダウンロード突破したというRPGアプリです。

2017年第1四半期の全世界売り上げランキングでも、AppStore部門ではトップ10に入る程の人気を誇っています。

このアプリが優秀な点は3つ!!

  • 無理なガチャがいらない。
  • レア度が低いキャラも使える。
  • マルチプレイがとにかく充実。

まず、ガチャがいらない理由としては、SSRキャラの欠片を一定数集めれば入手することができるためです。
要はガチャ以外にもキャラを入手できる手段があるということですね。
というか、ガチャからはSSRはホンッット出ません。
海外のアプリに多い形式です。

次にレア度が低いキャラでも非常に強くなります。
キャラの強さはどれだけ育成したかによります。
このゲームはSSRを引くことが強さではなくて、コツコツ育て上げていくことが強さとなります。
現に、キャラ最強ランキングには、2位と3位にSRとRキャラがランクインしています。

最後はマルチプレイ。
本作はあらゆる戦闘がマルチプレイに対応していて、最大3人でのバトルが可能です。
マルチプレイが好きな方にはこの点で非常にオススメです。

後は細かい点で言えば、オートバトルも搭載しているので、レベル上げはオート、難しいダンジョンは手動と使い分けができます。
育成で強くなるゲームには欠かせない要素。

ガチャ運ではなく、「育成」で強くなっていくゲームが好きな方にはピッタリのアプリです。

今回はここまで。
次回はリセマラランキング3位のヴェルダンディについてお話しします。

ここまで読んでいただき、有難うございました。(人”▽`)