皆さん、ようこそ。

平成28年10月12日現在において、モンポ龍の超究極進化の詳細情報は公式から発表がありません。
よって、今回は今までのパズドラ発表と現在の環境から見えてくる要素を踏まえて、結局MP龍の超究極進化はどうなるのかを考察します。

シヴァドラ加工

ネプドラ加工

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e5%b8%af

%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%8a%e3%83%ad%e3%82%af%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e5%b8%af

ラードラ加工

ヨミドラ加工

1.現在の運営発表はどの程度まで?

現在の運営発表は「MP龍超究極進化します。」と「ラードラとヨミドラの進化素材はコチラ」という2点。

そして、この進化素材が超鬼畜素材だということ。レーダー龍を含めたその素材はやり過ぎ感すらあります。

レーダー龍をまず見つけなければならないし、見つけたとして倒すのも大変。生半可なパーテイーでは全く歯が立たない程強いですから。

2.時代を変えた強キャラはどのような登場をしたのか?

ここ2~3年の強キャラ登場時は大した情報もなく、いきなり実装されたキャラが大半です。例をいくつか挙げてみましよう。

○曲芸士

%e6%9b%b2%e8%8a%b8%e5%b8%ab%e5%b8%af

Yahoo!ニュースで取り上げられたくらいの問題児であり革命児。

しかし、予告としては、所詮コラボキャラの一員に過ぎないので、いつもどおりの予告と事前情報。

〇ラードラ

ラードラ加工

モンポ龍の4番目だが、群を抜いて強い。超火力&高い耐久力を実現した「ぼくのかんがえたさいきょうのキャラ」を地でいく子。

しかし、ラードラはモンポ龍の4番目であるため、いつ実装されるかはユーザーは大体想像できていたし、そんなに大した予告もなし。

〇究極カエデ

カエデ帯

元からいたキャラで、進化前は大したことなかったものの、究極進化後に魔改造を受け、最強キャラに。

超火力と超耐久力はラードラを遥かに凌駕し、システム化すると手がつけられないほど強くなる。

シリーズで進化が予告されただけで、元が微妙なだけにぶっちゃけ誰も期待してなかった。

〇十字軍

パイモン帯

究極力工デもそうなのだが、彼女の実装後に来たシリーズ。特にロノウェ、グレモリー、パイモンは強い。

その中でもシステム化でき、パズルカがあるならパイモンがカエデを凌駕するほどの強さを発揮する。

特に火力が凄まじく、HP1億のゼウスドラゴンを1撃で倒す。追加された時期は究極力工デからそんなに間もない頃。

初実装時は、いつもの新シリーズ投入と同じでけっこう淡泊だった。

スポンサードリンク

3.結局「超究極モンポ龍」はどうなる?

monnpo

先ほどの記事のとおり、時代を築くような強さの持ち主は皆「突然実装された」か、「大して期待されていなかった」場合がほとんどです。

じゃあ逆に、「あのキャラが上方修正!!」と煽り、さんざん待たせて実装されたキャラってのは正直大したことない場合が大半です。

イベントでわざわざ告知したキャラも同じ。

最近で一番記憶に新しいのは覚醒サクヤですね。

覚醒サクヤ

さんざん引っ張った割には能カは非常に微妙で、発表されたその日に上方修正を迫られ、遂には検討しますとまでプロデューサーに言わせるほどでした。

しかも修正したところでそんなに強くはなく、リーダーとしてもサブとしても微妙。結局使えるキャラにはなりませんでした。

イラストはパーフェクトなのに・・・(´・ω・`)

今回の超究極モンポ龍は生放送の発表からさんざん引っ張り2週間近く経ちますが、何の発表もありません。

この法則にあてはめれば、まず「微妙」な能力になるでしょう(¬_¬)

あともうーつというか、実を言うとコチラの理由が本命です。

それは、強キャラに共通する要素は「課金で入手できるキャラ」だということ(+・`ω・´)

初実装されたキャラは当然ながらガチャで入手します。

ラードラはモンポ龍ですが、30万モンポを無課金で用意するのは非常に困難です。結局モンポ稼ぐためにガチャを回すことになる。

力工デは究極前から実装されていましたが、星6フェス限キャラということで持っている方は非常に少ない。

さらにシステム化することでカ工デパーティーはとんでもない強さになりますが、それには力工デが自前で3体必要になります。

星6キャラが3体なんてはっきり言って尋常ではないです。 というわけで、異常な強さを持ったキャラは「お金」がかかっています。

モンポ龍の超究極は、手間はかかれどお金はかかりません(ノ´▽`)ノ

あんな超めんどくさい進化素材を見せられた後ですから、現在手元にない方はもう手に入れようとは思っていないはずです。

というわけで超究極モンポ龍は「運営が儲からない」。そんなタダ同然のキャラを恐ろしく強くするわけがない。

結論として、モンポ龍の超究極はせいぜい微強化ですヽ(´Д`;)ノ

4.超究極モンポ龍が魔改造されるとしたら・・・

前項でせいぜい微改造というお話をしました。しかし、魔改造される可能性が1つだけあります。

パーティーのサブに星6フェス限が必要な場合ですヽ(゜▽、゜)ノ

まずモンポ龍はリーダーが基本。ヨミドラやラグドラはサブでも優秀ですが、あれは例外ですね。

よってパーティーを組むと当然サブが必要なわけですが、このサブが高価、つまり星6が必要であれば魔改造される可能性があります。

この考え方の根本は、運営は「営利企業」だということ。儲けのないものに特別な配慮はしません。

ユーザーのこと考える前に、資金がないと存続すらできないわけですから。パズドラは現在利益がかなり落ちていますし。

例えば過去のラードラを挙げると、闇カーリーが2体必要でした。みんなこぞってガチャを回しても出ず、「闇カーリー難民」なる言葉ができたほど。

闇カーリー帯

ヨミドラも同じ。工スカマリがいることで飛躍的にパーティーが強くなるため、同じく「工スカマリ難民」 が続出しました。

エスカマリ帯

モンポ龍実装時には、モンポ龍自体ではなく、サブで利益を上げたわけですね。

それに拍車をかけるようにモンポ龍は期間限定でしか入手できないようにする。

それにあせってモンポ龍を入手したユーザーは優秀なサブがいないと大して強くないことに気付き、もはや引き下がれない気持ちもあって、どうにか闇カーリー&工スカマリを狙う。利益を狙うという点ではなかなかうまいですよね。

さて、超究極MP龍に戻りますが、もうMP龍自体に利益を生む効果はありません。

となるとサブが必要になるわけですが、例えばラードラで考えると闇カーリーはもうかなりの方が持っていると推測できるので、闇カーリーはサブではなくなります。というかおそらく多色パーティーにはならない。

微強化では多色で間違いないと思いますが、魔改造ではありえないと思います。

課金させるサブがもういないためです。それだけ多色サブとしての闇カーリーは完成されてるし、今はラグナロクドラゴンやシェリアスルーツもいる。

タイプで縛るにも相当無理があります。

一番可能性が高いのは、新しいリーダースキルを出し、その後に新しい星6フェス限を登場させるパターンです(+・`ω・´)

その星6フェス限登場はゴッドフェスでしょうから、それに合わせてゼウスドラゴン降臨&ラードラ購入イベントを実施する。

究極進化をさせるとなれば、進化素材も必要ですが、レーダードラゴンを闘技場で狙うのは非常に厳しいため、パズドラレーダーを使うことにもなる。

他のモンポ龍、特にヨミドラも同じ手法になるでしょう。

こう考えると、超究極モンポ龍が再び最強になる可能性は十分あります(+・`ω・´)
ただし、一番期待される「タダで最強」はあり得ないです。

ま、長々と書いてきましたが、結局は推論です。ホント、平和な形で魔改造がされれば一番いいとは思いますし、それを願うばかりです。

○その他

皆さん「陰陽師」というアプリをご存知でしょうか?
全世界2億ダウンロード突破したというRPGアプリです。

2017年第1四半期の全世界売り上げランキングでも、AppStore部門ではトップ10に入る程の人気を誇っています。

このアプリが優秀な点は3つ!!

  • 無理なガチャがいらない。
  • レア度が低いキャラも使える。
  • マルチプレイがとにかく充実。

まず、ガチャがいらない理由としては、SSRキャラの欠片を一定数集めれば入手することができるためです。
要はガチャ以外にもキャラを入手できる手段があるということですね。
というか、ガチャからはSSRはホンッット出ません。
海外のアプリに多い形式です。

次にレア度が低いキャラでも非常に強くなります。
キャラの強さはどれだけ育成したかによります。
このゲームはSSRを引くことが強さではなくて、コツコツ育て上げていくことが強さとなります。
現に、キャラ最強ランキングには、2位と3位にSRとRキャラがランクインしています。

最後はマルチプレイ。
本作はあらゆる戦闘がマルチプレイに対応していて、最大3人でのバトルが可能です。
マルチプレイが好きな方にはこの点で非常にオススメです。

後は細かい点で言えば、オートバトルも搭載しているので、レベル上げはオート、難しいダンジョンは手動と使い分けができます。
育成で強くなるゲームには欠かせない要素。

ガチャ運ではなく、「育成」で強くなっていくゲームが好きな方にはピッタリのアプリです。

今回はここまでです。
最後まで読んでいただき、有難うございました。