皆さん、ようこそ。

今回は、シャドウバースのヴァンパイアクラスデッキの一つである、コントロールヴァンパイアを作成するにはどのくらいの課金額になるのかを計算しました!

バハムート降臨カードを反映した最新版です。(平成29年2月現在)

vanpia

1.コントロールヴァンパイアの内訳

必要なカードは下の表のとおりです。

レア度 カード名 枚数
シルバー ユニコーンの踊り手・ユニコ
ブロンズ ブラッドウルフ
ゴールド 吸血姫・ヴァンピィ 3
シルバー 吸血貴・ヴァイト
ゴールド ワードローブレイダー
ゴールド 裁きの悪魔
レジェンド ブラッディ・メアリー
レジェンド クイーンヴァンパイア 3
レジェンド 血餓の女帝
ゴールド セクシーヴァンパイア
ブロンズ 鋭利な一裂き
シルバー 群れなす飢餓
ゴールド サディスティックナイト
シルバー 夜の群れ
ゴールド 黙示録
ゴールド 漆黒の契約

レジェンドが8枚!!ヽ(゜▽、゜)ノ

かなりお値段高めのデッキですね。

 

2.必要なレッドエーテル量は?

それぞれのカード作成に必要なレッドエーテル量は、レア度で決まっています。詳細は下の表のとおり。

レア度 必要エーテル量
ブロンズ 50 
シルバー 200
ゴールド 800
レジェンド 3500

この表に沿って必要なカード数を当てはめます。

レア度 必要枚数 必要エーテル量
ブロンズ 5 250
シルバー 10 2,000
ゴールド 17 13,600
レジェンド 8 28,000
合計 39 43,850

結論として、このカードデッキ作成に必要なレッドエーテル量は43,850です。

必要な量がかなり多いですね。特にゴールドが。もちろんレジェンドもヽ(´Д`;)ノ

スポンサードリンク

3.レッドエーテルってどのくらいのお値段?

redether

必要な量はわかりましたが、そもそもレッドエーテルって実際の円に直すとどれくらいなのでしょうか?

まずは、スタンダードカードパック1つのレッドエーテルの期待値を計算していきましょう。

カードパックは8枚ですが、レア度によって排出率に違いがあります。

ま、当然ですよね。強さが全然違うわけですから( ̄ー ̄)

そして、その排出率は公表されており、以下のとおりとなります。

レア度 排出率
ブロンズ 67.50%
シルバー 25.00%
ゴールド 6.00%
レジェンド 1.50%

そして、ここからがちょっとややこしい。

カードにはレア度の他に「プレミアム」が付くことがあります。

これはどのレア度も一律で、8%の確率でプレミアムが付きます(+・`ω・´)

強さはノーマルと全く変わりませんが、分解時にもらえるレッドエーテル量が違います。ノーマルカードも含めたカード分解時にもらえるレッドエーテル量は以下の通りです。

レア度 排出率 プレミアム エーテル量
ブロンズ 62.10% × 10
5.40% 30
シルバー 23.00% × 50
2.00% 120
ゴールド 5.52% × 250
0.48% 600
レジェンド 1.38% × 1000
0.12% 2500

これらの情報を元に期待値を計算すると、「55.21」になります。

上の結果はカード1枚の期待値なので、カードパックの期待値は「441.68」になりますね(ノ´▽`)ノ

お話しは変わりますが、課金アイテムであるクリスタルは5,000個で9,800円です。よって、

クリスタル1個は、9800÷5000=1.96円です。

カードパックにクリスタル100個必要ですので、カードパック1つで196円。

先程の計算で、レッドエーテル量はカードパック1つにつき「441.68」になりますので、

196円÷441.68≒0.44円。

結果として、レッドエーテル1つは約0.44円!!

・・・随分安い気が(ノ´▽`)ノ

・・・計算間違っていないよね・・(ノ´▽`)ノ

4.コントロールヴァンパイアデッキに必要な課金額は?

sikkokunokeiyaku

では、早速計算していきましょう。

必要なレッドエーテル量は43,850ですので、

43,850 × 0.44円 = 19,294円

結論:
19,294円使えば、コントロールヴァンパイアデッキは作成できます!

・・シャドバの中では最高峰にお値段がお高い(¬_¬)
他の課金ゲームに比べればクソみたいなもんですけどね!!ヽ(゜▽、゜)ノ

しかも、ストーリークリアやイベントで、カードパックチケット等を入手することもできるため、さらに課金額を抑えることも可能です。

5.コントロールヴァンパイアデッキについて

今回ご紹介したコントロールヴァンパイアですが、けっこう運用が難しいです。いや、かなり強いデッキではあるんですけど・・・。

ヴァンパイアはどんなデッキであれ、両者リーダーのライフ管理が非常に大切です。

なぜならヴァンパイアは、「復讐」状態になるためには自分のライフを10以下にする必要があるから。

復讐状態のカードは非常に強力になりますが、自分のライフが最大で10しかないというデメリットも同時に追うわけです。

相手もそんなの承知なので、ヴァンパイア相手には簡単に10以下にはしてきません。11以上に保ち、ライフを一気に減らしてきます(´・ω・`)

このあたりは慣れが必要です。

デッキの話になりますが、中心カードは「黙示録」。

敵味方すべてのフォロワーに8ダメージを与える極めて強力なカードですが、復讐状態になるとコスト4で使用できます。

このデッキはとにかく盤面で有利になることが大切ですので、全体除去カードは非常に有利で、一気にこちらのペースに引き込むことができます。

さらに、ブラッディメアリーも相変わらず強力。相手に守護がいようとリーダーに直接ダメージを与えるため、非常に優秀なフィニッシャーです。

苦手なデッキはOTKコンボエルフ。

もはや天敵です。

一気に10以上のダメージを与えてくるデッキであることに加え、このデッキには黙示録がほぼ効きません。

フォロワー0の状態からでもリノセウスコンボで10以上のダメージを与えてくるからです。

リノセウスは守護が複数いると真価を発揮できないため、黙示録よりはクイーンヴァンパイアを意識して、守護を盤面に増やしながら戦った方がまだ勝率が上がります。

・・・ちょっとね。ほんのちょっと(´゜∀゜`)

〇 シャドウバースのPC版がリリース!!

スマホゲームのシャドウバースにPC版が登場しました。

PC版はスマホ版とのデータ連携が可能です。帰り道でシャドバやって、家についてすぐPC版をプレイするなんてことが可能です。

PC版はスマホゲーム版とは違い、PCの画面に解像度を調整しているため、大画面でも非常に画面が綺麗です。

また、シャドウバースは思考型の対戦ゲームですので、椅子に腰を据えて、大画面でじっくり対戦できるというが私は非常に気に入りました。家にいるときは専らPC版でプレイしています。

さらには自分の好きな曲でプレイできます。と言ってもシャドバ側の音が消せるというだけで、あとはPCで自分の好きな曲をかけるだけなんですが・・・(ノ´▽`)ノ

でも好きな曲で対戦っていうのはかなりお勧め!燃えますヽ(゜▽、゜)ノ

さらに課金面のお話しです。PC版はDMMからリリースされていますが、DMMポイントをクリスタルの購入に利用できます。動画等いろんなサービスを提供しているDMMですが、それで発生するポイントをクリスタル購入に利用できます。これは非常に助かりますね。

私は綺麗な大画面でのプレイが一番気に入ってますが、このようにPC版は魅力的な利点が満載です。

シャドウバースPC版


○その他

皆さん「星のドラゴンクエスト」というアプリをご存知でしょうか?
1年待たずに1000万ダウンロード突破というバケモノ級アプリです。

ドラクエというだけあって安定の面白さ!!
スキルの使い方で戦局が大きく変わるバトルが非常に面白い。

特にドラクエ歴代魔王との闘いは正に緊張と興奮の連続です!!

ドラクエファンはもちろん、RPG好きには圧倒的にオススメです。
少しでも触れてみると、現在のスマホゲーム界で常にランキング上位の理由がわかります。

【PR】
【iOS版】星のドラゴンクエスト
【android版】星のドラゴンクエスト

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、有難うございました。(人”▽`)