皆さん、ようこそ。

この記事では、白猫テニスの特定のガチャにおいて、実際にガチャを引いたデータからキャラの確率を割り出し、どのくらいの課金額になるかを算出します!

※ 注意ですが、本ブログに書いてある金額をかければ、必ずパーティーを作ることができるというものではありません。あくまで目安として参考にしてください。

今回は、500万人突破記念ガチャ!!ガチャ回数は1000回以上!!

5million

1.500万人突破記念ガチャの確率

ではさっそくガチャ結果をどうぞ。

キャラ 個数 確率
セリナ 16 1.48%
リリカ 8 0.74%
星4 87 8.06%
969 89.72%
合計 1080 100.00%

対象キャラの出る確率が2.22%!!
・・・まあ二人しかいないしね・・・(´・ω・`)

でも、星4の確率は10%を超えていて、まあまあ出る感じです。

特に、アイラがかなり出ました(約20体ほど。)

かなり強いキャラだけに、ここで狙うのもアリです(+・`ω・´)

2.限定キャラのお値段

1 セリナ

serina

現時点で実力No.1!!!ヽ(゜▽、゜)ノ

まあ500万DL記念キャラですからね。

ではさっそく計算していきましょう。確率は1.48%とかなり高めですヽ(゜▽、゜)ノ

下の表についてですが、白猫テニスでは5400円課金して得られるエースジュエルが360個です。よって、ジュエル1個の値段を15円として、「かかる金額」を計算しています。

回数 確率(%) かかる金額
55 55.96 18,750
110 80.61 37,500
165 91.46 56,250

結論:
約56,250円使えば、約9割の確率でセリナは入手できます!

2 リリカ

ririka

続いてリリカ。セリナには一歩譲るものの、限定キャラだけあってかなりの強さを誇ります(ノ´▽`)ノ

しかし確率は0.74%とセリナに比べてかなり抑え気味・・・( ̄3 ̄)

回数 確率(%) かかる金額
110 55.83 37,500
165 70.64 56,250
220 80.49 75,000
275 87.03 93,750

結論:
約93,750円使えば、約9割の確率でリリカは入手できます!

こちらはけっこう高めですね。

まあ9割で入手できる確率ですので、ほとんどの方がこの金額に届くことなく入手できますが・・・( ̄ー ̄)

スポンサードリンク

3.500万人突破記念ガチャについて

まあ500万人記念ということで、感謝の意味もあってか、かなり高性能な2人です。

しかも、今までのキャラの中ではけっこう出やすい方だと思います。

・・・あくまで白猫シリーズ基準ですがね(¬_¬)

前半にも書いたとおり、なぜかアイラもよく出るので、今回のガチャはかなり狙い目です。

ただ、白猫テニスは白猫プロジェクトと違って、かなりジュエルを手に入れにくいです。

ご自分のフトコロと相談して、無理のない課金をしましょう。

・・・どうせ数か月したら今回の2人より強いヤツ出てきますしヽ(゜▽、゜)ノ
・・・だって白猫だものヽ(゜▽、゜)ノ

今回のガチャで狙っているキャラがいる方は、ぜひ参考にしてください。

○その他

皆さん「陰陽師」というアプリをご存知でしょうか?
全世界2億ダウンロード突破したというRPGアプリです。

2017年第1四半期の全世界売り上げランキングでも、AppStore部門ではトップ10に入る程の人気を誇っています。

このアプリが優秀な点は3つ!!

  • 無理なガチャがいらない。
  • レア度が低いキャラも使える。
  • マルチプレイがとにかく充実。

まず、ガチャがいらない理由としては、SSRキャラの欠片を一定数集めれば入手することができるためです。
要はガチャ以外にもキャラを入手できる手段があるということですね。
というか、ガチャからはSSRはホンッット出ません。
海外のアプリに多い形式です。

次にレア度が低いキャラでも非常に強くなります。
キャラの強さはどれだけ育成したかによります。
このゲームはSSRを引くことが強さではなくて、コツコツ育て上げていくことが強さとなります。
現に、キャラ最強ランキングには、2位と3位にSRとRキャラがランクインしています。

最後はマルチプレイ。
本作はあらゆる戦闘がマルチプレイに対応していて、最大3人でのバトルが可能です。
マルチプレイが好きな方にはこの点で非常にオススメです。

後は細かい点で言えば、オートバトルも搭載しているので、レベル上げはオート、難しいダンジョンは手動と使い分けができます。
育成で強くなるゲームには欠かせない要素。

ガチャ運ではなく、「育成」で強くなっていくゲームが好きな方にはピッタリのアプリです。

今回はここまでです。
最後まで読んでいただき、有難うございました。